MENU

「現代用語の基礎知識」について

1948(昭和23)年創刊の「現代用語の基礎知識」は、社会の変化とともに次々に生まれ、人びとに日々使われている言葉を集め解説し、その時々に必要な情報を提供しながら、1年1年を記録し続けてきた年度版雑誌です。

「言葉の記録は歴史の記録」だと創業者であり弊誌主筆の長谷川國雄が語ったと古い新聞記事に残っています。創刊号に記された「創刊の言葉」とともに歴代の編集部員たちはその想いを胸に、戦後、そして昭和から平成の時代にかけて言葉を記録し続けてきました。いま、令和の時代になり、装いを新たに新創刊となります「現代用語の基礎知識」も、変わらず時代の言葉を記録し続けてまいります。

閉じる